初めての台湾旅行 〜準備編その1〜 台湾旅行で使える5つのフレーズ

2015-11-23_04-15-08

11月1日~11月4日まで台北にいました。 旅の目的は2つあって、「台湾の生活を体験する・光田康典さんのコンサート参戦」です。

これから数回に分けて、台湾旅行で感じたことを書き残していきたいと思います。 初めて台湾旅行に行かれる方にとって、有益な情報になるはずなのでご期待ください。

台湾中国語教室へ行く

台湾に行くにあたって「旅行先で使われる中国語を全く知らないのは大問題」と考えました。 大学の第2外国語は中国語だったけど、全く覚えてないのです。

そこで、渋谷にあるチャイニーズフューチャー という台湾中国語教室で無料体験含め4回マンツーマンレッスンを受講しました。 結果的に台湾人の講師から現地情報を得ることができ、よい選択肢だったと思います。 費用は、お試し3回コースで9,000円でした。

重要なことは「中国語で話しかけても、相手の返事は理解できないので、中国語は分からないことと最低限伝えるべきことを伝えよう」です。

台湾旅行で使える5つのフレーズ

台湾旅行で使う中国語は以下の5つのフレーズを覚えておけば、なんとかなると思います。 以下のフレーズと目的の写真を見せれば没問題でしょう。 カタカナ読みを載せてますが、中国語は発音が重要なので、カタカナでは通じないのですが参考までに載せておきます。

「我聴不懂中文」は挨拶代わりに使っていましたよ。 「台湾人は日本語が喋れる」という話を聞いていましたが、 自分が行動した範囲内では、空港ぐらいしか日本語は通じませんでした。 意思疎通するための最低限の中国語と英語を覚えていくと安心かと思います。

次回は、宿泊先をAirbnbで選んだ話を書きます(:


本当に最後だった #yapcasia エンジニアにしてくれてありがとう!

はじめに

2010年からボランティアスタッフとコアスタッフとして4年間YAPC::Asia Tokyoに関わってきました。 そして、YAPCのおかげでエンジニアになることができた経歴を持ちます。

プログラム未経験者がYAPC::Asia をキッカケに転職できた話 | YAPC::Asia Tokyo 2012

YAPC::Asia::Tokyo 2015はスタッフとしてではなく個人スポンサーとして参加しました。 最後のYAPC::Asia::Tokyoは一般客としてイベントを体験したいと思ったからです。 後々後悔することになろうとは、この時は思いもしなかったのです。。 オープニング..

感じたこと

よいイベントよい運営スタッフからうまれる

裏では色んなハプニングがあったかと思いますが、表面上、運営にトラブルがないようにみえました。 10年間のイベント運営ノウハウもあり、準備・連携ができて、統率がとれてましたね(: 1参加者として大満足の3日間でした。

同時通訳のおかげで海外ゲストトークを聴く敷居が低い

英語に抵抗なく海外ゲストの話が聴けて最高でした。

YAPC::Asia::Tokyo は同窓会

他の人達も言ってましたがYAPC::Asia::Tokyoは同窓会のようなものです。 年に1度しか会わない人達が、自分のことを覚えてることに毎度感動します。 懇親会で話しかけてくれる人がいるって本当に素晴しい。 それも最後になってしまったわけですが。。

やっときゃよかったスタッフ

クライマックスでスタッフ一同に拍手を送った時「なぜ僕はあそこにいないんだろう」と思いました。 今年もスタッフやるべきでした><と後悔です。 YAPC::Asia::Tokyoのスタッフ打ち上げはとても楽しかった遠い記憶。

終わりに

僕のエンジニア人生はYAPC::Asia::Tokyoから始まりした。 そして,YAPC::Asia::Tokyoで知り合いも増えました。 YAPC::Asia::Tokyoに関わった皆様本当にお疲れ様でした。 YAPC::Asia::Tokyoは最高のイベントでした(:


高円寺のワンルームから三軒茶屋シェアハウスに引っ越しました

引っ越しました

5年間住んだ高円寺を離れて、7月4日から世田谷区の三軒茶屋のシェアハウスで新しい生活を始めています。

なぜ三軒茶屋? なぜシェアハウス?

三軒茶屋を選んだ理由

  • 渋谷までバス通勤でき通勤のストレスから開放される期待
  • いつか住んでみたい街だった

シェアハウスにした理由

  • 初期費用が安い 初月家賃と敷金1ヶ月で15万円ぐらい
  • 年齢的にシェアハウスに入れるラストチャンス
  • 設備がよい アイランドキッチン・屋上・準天然温泉
  • 8年間の独り暮らしで増えた物の整理がしたかった

1ヶ月暮らしてみた感想

  • 通勤のバスで座れるためストレスが減った
  • 「ただいま」「おかえり」のある生活がよい

ミニマムに生活するのにシェアハウスはかなりありだと思います。 7〜8万円の家賃で自室の他に広いリビングや屋上が使えるのは素晴らしい。

これから

周りに迷惑がかからない程度にシェアハウスの暮らしをブログに書き 読んくれている方にとって引っ越しの選択肢の一つにしてもらえるとよいなと思ってます。