遠いからこそ憧れる

Yuzu

photo credit: [hiromy](http://www.flickr.com/photos/hiromy/329972245/ "hiromy") via [photopin](http://photopin.com "photopin") [cc](http://creativecommons.org/licenses/by-nc-sa/2.0/ "cc")

全貌が分からない人に興味が湧きます。ハンドルネームで活動しているブロガーや、テレビに露出しない有名人が該当します。

現代社会では芸能人がどんな1日を過ごしたか、何を食べたかまでブログやtwitter,facebookで分かるので、露出が少ない人は貴重な存在ですね。

最近有名ブロガーであるちきりんさんの正体が話題になりました。 中の人が誰かはどうでもよいです。しかし、正体が分かることは少し残念です。 [ハックル先生こと岩崎夏海せんせが、正体バレしたちきりんこと伊賀泰代女史を盛大にDISる一部始終](http://kirik.tea-nifty.com/ポエム/2012/11/dis-dc4b.html "ハックル先生こと岩崎夏海せんせが、正体バレしたちきりんこと伊賀泰代女史を盛大にDISる一部始終")

個人的な嗜好ですが、全貌が明らかになっていない人は、主人公補正ならぬミステリアル補正を感じます。 存在が不明だから、その人のことが気になりますことがありやす。

例えば、僕は高校生時代にフォークデュオのゆずが大好きでした。

しかし、彼らがテレビにでるようになってから遠ざかりました。今思えばTVで観ることができない彼らとコンサートで対面することは、とても貴重な時間だったと思います。露出が増えるとその時間の価値が薄まるように感じます。 テレビに出演したり、ブログを読めたりすることはファンにとっては嬉しいことです。しかし、あまりに 距離が近づきすぎるとワクワクも減ってしまうと思います。

ペニーオークション事件のように、好きな人のブログに本人が使ってもないサービスや商品の宣伝があったりと残念な話もありますね。

憧れの人には遠い存在であってほしいですな(:

+++