インターネットで読めなくなった記事を読む方法

Google Doodle

photo credit: Stuck in Customs via photopin cc

インターネットに存在するからといって、それは永遠に存在するわけではありません。

もはや手放せないほど便利なオンラインストレージである[Dropbox](http://db.tt/Gla1AtVA "Dropbox")や[Amazon Gracier](http://aws.amazon.com/jp/glacier/ "Amazon Gracier")を使っても「**データはいつか消える**」そう考えていたほうが自分のためになると思います。

下記のニュースを読んで、好きなブロガーが同類の内容について書いたブログエントリーを思い出しました。 とても考えさせられた内容だったので、早速彼のブログを読むことにしました。

[志村けん&ビートたけしの美談はデマ…グレート義太夫が否定 (シネマトゥデイ) - Yahoo!ニュース](http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130411-00000012-flix-movi "志村けん&ビートたけしの美談はデマ…グレート義太夫が否定 (シネマトゥデイ) - Yahoo!ニュース")

しかし、彼のブログは何らかの事情で現在非公開になっていて、読むことができませんでした。 インターネットアーカイブの存在を思い出して利用することにしました。

インターネットアーカブの使い方

1.[インターネットアーカイブ](http://www.archive.org/ "インターネットアーカイブ")へアクセス

2.URLを入力

sushi_1

3.カレンダーから日付を選択

sushi_2

4.アーカイブされた記事を読む

sushi_3

結果、該当記事をサルベージしてエントリーを読むことができました。 データはいつか消えるとは思いますが、ウェブ上に公開されたデータが完全に消えるのは何百年か先の話かもしれませんな...

+++